正月料理の由来

正月は特別な日ということでごちそうを食べる人が多いと思いますが、正月に食べるごちそうを「おせち料理」と言います。

「おせち」とは「御節」と書き、本来は暦上の節句のことを指します。またおせちは、「御節供」(おせちく)の略であり、これは朝廷の節日に行われる宴の席で振舞われる御馳走のこと。平安時代には、1月1日、1月7日、3月3、5月5日などの節日があり、神に供えたり、お客さまに出された「御節供」(おせちく)が、「おせち」と略され、主に正月料理を意味するようになったそうです。

一方、おせち料理が、重箱に詰められるようになったのは、第二次世界大戦後のこと。デパートでお正月料理の箱詰めを売り出す際に、「おせち」という言葉を使ったのが始まりとか。

正月におせち料理を食べる意味合いは、歳神様にそなえたごちそうをみんなでいただく、神様を迎える正月に台所仕事をしてさわがしくしない、日ごろ忙しい主婦を「三が日」の間休ませるための保存食、などと言われています。

正月料理と詰め方

正月料理は、“めでたいことを重ねる”という縁起をかつぎ、通常重箱に詰めます。基本は四段重ねで、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重、と呼びます。

正月料理の詰め方や料理の組み合わせは、地域や家庭、しきたりなどによってさまざまですが、最も代表的な詰め方は以下の通り。

・一の重〜祝い肴、数の子、ごまめ、黒豆、かまぼこ、
・二の重〜きんとん、だてまき、紅白かまぼこ、日の出かんなど
・三の重〜昆布巻き、魚や海老のなど海の幸のやきもの
・与の重〜野菜類の煮物など

また、正月料理も地域などにより多少異なりますが、欠かせないものとして以下のようなものがあります。

・黒豆〜1年をマメに働き健康に過ごせるようにとい意
・昆布巻き〜「よろこぶ」の意
・数の子〜子孫繁栄の願い
・田作り〜豊年豊作の願い
・エビ〜腰が曲がるまで元気に過ごせますようにという長寿の願い。海老の赤色は魔よけの色とも。
・栗きんとん〜「金団」と書き、財産、富を得るとされる
・紅白なます〜紅白の色は水引を意味し、平和を願うものとされる
・伊達巻き〜色や形の華やかさから正月料理に使われるように
なお、品数は奇数になるように積めるのが昔からのしきたりとのこと。

正月料理